ホーム > 検定について > ごあいさつ

検定について

本ジュニアスマホ検定は、静岡大学 教育学部 塩田真吾准教授の情報モラル教育の専門性と、カスペルスキーのセキュリティソフトメーカーとしての専門性によって、共同開発されました。
さらに、子どもたちの情報モラル教育活動を母親目線で展開しているNPO法人イーランチのナレッジを活用し、家庭でのルールづくりをコンテンツとして加え、親子間での情報モラル意識と知識の向上を全国的に推進してまいります。

静岡大学 教育学部 学校教育講座 准教授 塩田真吾

静岡大学 教育学部 学校教育講座 准教授 塩田真吾

静岡大学 教育学部
学校教育講座
准教授 塩田真吾 

「お子さんにスマホを買ってとせがまれたけど、どうしよう…」
これは、多くのご家庭での悩みではないでしょうか。「周りはみんな持っているし…」「でもなにかトラブルに巻き込まれたら…」、どういう判断がよいのか「正解」はありません。
そんな時、「ケータイやスマホを一切持たせない」というのもひとつの方法だと思います。しかし、保護者としてより重要なのは、「子どもにケータイやスマホを安心して持たせられるだけの知識や判断力を身につけさせること」、そしてそのために「今、子どもがどのような状況にいるのかを親子で話し合い、見極めること」ではないでしょうか。
ジュニアスマホ検定は、ケータイやスマホについて親子で話し合うきっかけとなるようにという願いを込めて制作しました。もちろん、この検定に「合格」したから「ケータイやスマホを持ってよい」わけではありません。まずは、本検定を活用し、子どもの状況を見極めて、ルールを含めて親子で話し合ってから、持たせる/持たせないを判断してほしいと願っています。

株式会社カスペルスキー 代表取締役社長 川合林太郎

株式会社カスペルスキー代表取締役社長 川合林太郎

株式会社カスペルスキー
代表取締役社長
川合林太郎 

私たちカスペルスキー社は、創業以来「IT上の脅威から世界を守る ”Save the World from IT Threats”」を社のミッションステートメントとして掲げ、 「インターネット上の脅威に対抗する技術の革新」「取締機関ならびに各業界団体との連携」「啓蒙・啓発活動を通したリテラシーの向上」 の3つの柱を軸に安全なインターネット環境の実現に取り組んでいます。しかし、インターネットを誰もが安心して利用できる世界にするためには、 インターネットユーザー一人一人と社会が全体で取り組むことが必要です。

特に、最近急速に普及しているスマートフォンによって子どもたちが犯罪やトラブルに巻き込まれることが多発しています。 私たちはこの「ジュニアスマホ検定」を通じて子どもたちが正しい知識を身につけ、安全・安心にインターネットが利用できるようになることを心より願っています。

NPO法人イーランチ 理事長 松田直子

NPO法人イーランチ 理事長 松田直子

NPO法人イーランチ
理事長 松田直子 

近年、インターネットの普及や情報機器の多様化に伴い、その便利さや楽しさを享受する一方で、青少年のネットいじめ、 あるいは違法・有害情報等による悪影響、個人情報の掲載によるトラブルなど、多くの問題が心配されています。
「母親目線」を大切に活動してきたイーランチでは、情報化社会に生きる子どもたちが、将来ICTを賢く使いこなせる社会人となるために、情報モラルと適正な判断力を育む支援をしています。

ページトップに戻る!